インプラントとはどんな治療?

歯周病などで自分の歯を失った場合、そのままにしておくと見た目が良くないばかりでなく

これまでのように物を噛んだりうまく話したりできなくなります。

 

残った隣の歯が傾いて、噛み合わせ全体に支障をきたすことも少なくありません。

 

 

失った歯を補う治療として、従来は入れ歯や、両脇の歯を支柱にして人工の歯をかぶせるブリッジが主流でしたが、最近はインプラント治療が増えています。

 

インプラント治療は、歯が抜けてしまった部分のあごの骨に金属のチタンで作った人工歯根(インプラント)を埋入し

その上から人工歯を取り付ける方法です。

 

1950年代後半に、スウェーデンの解剖学者ブローネマルク教授が、チタンと骨がしっかり結合することを

偶然発見してから 研究と臨床への応用が重ねられてきました。現在では確立した治療法になっています。

 

  p_branemark.jpg

    ブローネマルク教授

インプラントの場合、天然歯と同じように根があるため、入れ歯のような違和感はなく、しっかりと力を入れて噛むことができます。

 

付けたり外したりする煩わしさもなく、見た目も自分の歯と変わりません。また、ブリッジのように健康な隣の歯を削らなくて済みます。

 

 

        インプラントってどんな手術なの?

インプラントを埋め込むのはあごの骨の中なので、通常2回の外科手術が必要です。

 

1回目は歯ぐきを切り開いて骨にドリルで穴を開け、インプラントをねじ込みます。

3〜6ヶ月後に骨と一体化するのを待って2度目の手術をし、歯ぐきの中に埋まっているインプラントの頭を露出させ、人工の歯を取り付けます。

 

 

1回の手術でインプラントの埋め込みから人工歯の装着までする「即時荷重」という方法もあります。

しかし、歯周病によってあごの骨が極端に落ち込んでしまっている場合、まずはその治療から始めることになりますし

それ以外の要素としても骨の状態やインプラントを埋め込む位置など、一定の条件が必要です。

 

 

手術自体は1回目も2回目も大がかりなものではなく、局所麻酔を使って一時間ほどで終了します。

とは言うものの、手術時に下あごの骨の中を通る神経や血管を傷つけ、唇などに麻痺が残ったり

感染が起きたりという可能性もゼロではありません。

 

インプラントが骨に生着しないこともあります。

 

こうしたリスクは、必要な検査をしたうえで、経験豊富な歯科医師が丁寧に手術をすればほとんど防げるものです。

 

 

    それじゃあどこの歯科医院でも良いからインプラント! 

 

ちょっとお待ちください。昨今は、患者のニーズに乗じて手術の経験が乏しい歯科医師が安易に手を出し、トラブルを増やしているという実情もあります。

 

その点においては神谷デンタルオフィスは、経験豊富なインプラント専門医がおりますし

インプラントをより安全かつ正確に行うために必要な設備も最新鋭のもので整っております。

また、インプラント治療には健康保険が使えません。 

 

インプラントは入れ歯などの従来の治療と違い、審美性も良く自分の歯のように力強く噛みしめることができるようになる

素晴らしい治療ですし、十分な精査のもと行えば歯周病がある方でも可能です。

 

 

ただし、インプラントを行う予定以外の部位の歯周病やかみ合わせの治療をしっかり行う必要もあり

きちんとメインテナンスを行う必要があります。

 

患者様ご自身でも正確な情報を集め、当院の医師ともきちんと相談し、納得したうえで治療を受けるようにしましょう。

神谷デンタルオフィスの知識も経験も備えたドクターや衛生士が、心配なことがあれば丁寧にお答えしますのでご安心くださいね! 

 

 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13531095
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)