「歯周病で歯もないし、骨も痩せてしまって…」それでもインプラントはできる?

歯が1本もなくても大丈夫!

ただし、骨の質や量などに条件があります

 

インプラントは、ブリッジのように他の歯を利用する必要がありません。

そのため、まったく歯が残っていない人でも治療を受けることができます。

 

ただし歯を失ってから時間がたっていると、骨がやせて、インプラントを埋め込む骨を確保できないことがあります。その場合は、サイナスリフト(上顎洞挙上術)など、骨を移植して増やす手術をしたうえでインプラントを埋め込みます。

 

神谷デンタルオフィスでは、最新の治療として上下どちらか、あるいは上下全部の歯を失った人向けに、少ない本数のインプラントで人工歯を支える「オールオンフォー」という治療も行っております。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13532593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)