歯周病を見つけるには、どうすれば良いの?

歯ぐきの腫れや出血は歯周病の最初のサインです。

早めにお電話にてご予約いただき、診察を受けにいらしてください。

 

歯肉炎の段階ならプラークコントロールだけで治ってしまいます。

それだけに早期発見が大切なのですが、長く放置されて歯を失うことになったり、治療が長引いたりするケースも少なくありません。

 

歯周病は進行しても痛みや腫れといった自覚症状がないからです。

 

歯周病を早期発見するためにも、次のような症状があるかどうか確認してみてください。

 

 

1.歯ぐきの縁が赤い

 

歯周病は、歯肉が炎症を起こす歯肉炎から始まります。

歯ぐきの縁が赤くなっているのは炎症を起こしている証拠。歯ぐきの腫れが目立つ、硬い物を噛んだときに出血するなどの症状があれば、歯周病のサインです。

 

 

2.歯石がついている

 

歯石は歯垢(プラーク)が石灰化したものです。

歯石になるとブラッシングだけでは取り除けなくなって、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)が深くなっていきます。

歯周ポケットの深さは、歯周病の進行度を示す目安となります。

 

 

 

3.朝、口の中がネバネバする

 

ネバネバの正体は歯垢かもしれません。歯磨きが不十分だと、歯垢がたまってしまいます。

また、夜寝ている間は、口の中に水分や栄養が豊富にあり、静かな状態です。

そのため、歯周病原細菌の活動が活発になり、歯周病のリスクがより高くなります。

 

 

 

4.歯が伸びてきた

 

歯肉や歯を支えている骨は、年とともに少しずつ下がってくるものですが

病変が歯を支える骨まで達して骨が溶けてくると歯ぐきも下がって、歯がのびてきたように感じることがあります。

 

 

5.指で押すと歯が揺れる

 

歯を支える骨が溶け始めると、歯が浮いたような感じがしたり、指で押すとグラグラしたりすることがあります。

この段階になるとかなり歯周病が進んでいると考えられます。

 

 

歯周病は、早めの治療が肝心です。

気になる項目がありましたら、なるべく早くお電話(0466-50-4505)にてご予約していただき、検診を受けてください。